よろしい、ならばハゲだ
よろしい、ならばハゲだ
ホーム > > コラーゲンで便秘になる?ならない?

コラーゲンで便秘になる?ならない?

-コラーゲンの役割 コラーゲンは、真皮、靭帯、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一つで 肌の弾力やハリを与えるのに役立っています。 体内に存在しているコラーゲンの総量は、人では全タンパク質の約30%を 占めるほど多い物質です。もともと体内にある成分です。 コラーゲンは保湿効果が高いタンパク質で、肌にハリや艶を与えてくれる 美容にとってもよい効果を与えてくれる成分です。 -便秘になる? コラーゲンの中には、身体への吸収をよくする為、高濃度のコラーゲンや コラーゲンの分子をより細かくした高分子のコラーゲンなどがあります。 こういったコラーゲンを摂取すると体内の水分がコラーゲンに吸い寄せられ 食べ物を吸収する腸内では水分不足が起きてしまいます。 水分不足が発生した腸内では、ぜんどう運動がスムーズに行うことができず その結果、便秘を引き起こしてしまう事が考えられます。 -便秘を起こした場合は? コラーゲン摂取している時は、普段より水分を摂る事を心がけると 解消する場合もあるようです。 また、摂る水分もジュースなどの加糖のものは避けて、お水やお茶を とる方がよいです。 コラーゲンの量を減らしたり、高濃度や高分子のコラーゲンでは ないものを選ぶという方法もあります。 ただ、その場合身体への吸収はそれほど期待できない為、効果も落ちて くる事が考えられます。 -必ず便秘になるの? 普段から水分をよくとっている人などは、コラーゲンのサプリメントや 飲料を摂ることで、便秘が解消されたという方もいます。 便秘は、運動や食習慣やストレス等によっても引き起こされます。 また、コラーゲンを飲んで便秘になったと思って水分をたくさん飲んだら 必ず解消するという事ではありません。 コラーゲンは基本的に副作用はないとされていますが、アレルギーなど ある方は注意が必要です。 体調がすぐれなくなった場合は、使用をやめたり、病院などで相談することも必要です。 ホワイトニングリフトケアジェル 口コミ