よろしい、ならばハゲだ
よろしい、ならばハゲだ
ホーム > お化粧 > 陰影をつけて立体的に

陰影をつけて立体的に

メイクというものは社会人として、また大人の女性としての身だしなみであると同時に自分自身の顔のパーツのコンプレックスを自信に変える為のものではないでしょうか。自分の顔に何一つ不満が無いという人はまずいないでしょう。他人から見ればどんなに整っている美人でももう少し鼻が小さかったらなどと、本人は真面目に思い悩んでいるケースはよくあります。

 

アジア人、日本人に多いのは凹凸が少なくペタっとした顔です。メイクで影をつけてメリハリのある顔にしてみましょう。まず分かりやすく簡単なのは鼻筋に影をつける事です。鼻は美人度を大きく左右します。

 

すっと伸びた鼻筋が理想的ですよね。使っているファンデーションより少し濃い目の色を鼻の両サイドに伸ばしていきます。この時、少しずつゆっくりと指の腹で丁寧に色を伸ばしましょう。あくまでも自然にがポイントです。よくテレビアナウンサーなどで、明らかにやり過ぎて不自然になっている人もいるので注意しましょう。

 

そして鼻筋に白のパウダーをひと塗りします。これによりかなり立体感が出ます。また、小鼻から頬骨そして目頭に向かってピンクではなく肌に馴染む茶系のチークをすれば顔が引き締まりますよ。更に小顔効果を狙うならエラ部分にも耳に向けて同じように色を入れてみましょう。肌の色は人それぞれなので自身に馴染む色を見つけて1番似合う立体メイクを見つけてみましょう。

 

正しいメイクの前にきちんとしたスキンケアを行って化粧乗りの良いお肌になっておきましょう!