よろしい、ならばハゲだ
よろしい、ならばハゲだ
ホーム > 注目 > お弁当の中身を指定してくる幼稚園

お弁当の中身を指定してくる幼稚園

友人が通う幼稚園では週に2回お弁当の日があるそうです。
1日は「おにぎりの日」。
その日は、おかずはなく、おにぎりだけを持たせるそうです。
普段、色々な物を食べている子どもに、たまにはおにぎりだけというシンプルな食事を経験させようという意図のようです。
そしてもう1日は普通のお弁当の日。
ただし、この日は事前に幼稚園から食材を1つ指定されるそうです。
大抵は野菜で、「にんじん」「ピーマン」「玉ねぎ」など。
おかずの中の1品に、指定された食材を使うんだそうです。
友人は最初はこれがとても面倒で、毎回食材を指定されるたびに、どんなおかずに使おうかと悩んだりしていたそうですが、今はすっかり慣れたようです。
もちろん、自分の子が嫌いな食材を指定される日もあり、そんな時には少しでも食べやすくなるよう、あれこれ工夫をしておかずを作ると言っていました。

一見、面倒そうですが、この取り組みのおかげで苦手野菜を克服出来た子がきっとたくさんいるんだろうなと思います。
親は大変ですが、苦手野菜を敢えて入れるお弁当、子どもには良い効果をもたらしそうですね。
そのママ友ですが、ユニクロのジャンバーをここで買い取ってもらったそうです。↓
ユニクロ買取はここ